「しゅこってるし!!」 俊洸輝志

妄想してますか?僕たちはエブリディー。このブログは妄想の人のための妄想の人による、妄想のための、妄想がいいの。このブログは4人が脳内麻薬を分泌、いい具合にケミストリーし、毎回違う作者が小説を書きます。   なお、この物語はフィクションであり、実在の人物及び団体とは一切関係ありません

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 第49話 常闇~えいどりあーん!!

立ち尽くす由記。

崖の近くに棒立ちする由記。


由記「え?・・・。」


他のメンバーはすぐさま由記の元へ駆け寄る。


みんな「由記!!」

由記「え?え?なに?なんで?」

緑「え?どうして助かったの?」

香織「落ちたと思ったのに・・・。」

淳史「ど、どうやって?」

海保「一体・・・。」
何が起きたのか分らない状況。


由記には怪我はないようだが。どうして助かったのか、何が助けてくれたのか。


きっかけはあの男の台詞から始まった。


竹田「あれ?河野は?」


竹田の言葉で初めて気がついたみんなは辺りを見回し河野を探すも見当たらない。


海保「あいつならさっきあそこに倒れてて・・・。あれ?」


緑「いないね・・・。」


竹田「さっきのは・・・河野だったんじゃ・・・。」


緑「え?・・・。」


淳史「だって河野は・・・。」


香織「じゃ、じゃあ・・・。」


海保「・・・。」


竹田「由記を助けてくれたんだな・・・。」


由記「何言ってるか全然わかんないんやけど・・・。え?え?」


竹田「実は俺は見たんだよ。何かがクリスに体当たりして崖に落とすとこを・・・。」



全員に沈黙が流れる・・・。崖を見つめる者、うつむく者、ただ立ち尽くす者・・・。


海保「くっそぉ!!!」


由記「いややし・・・。なんで、なんで・・・。」


淳史「お、おれのせいだ・・・。おれの・・・おれの・・・。」


竹田「河野は、いいやつだったな・・・。」


緑「お、おにいちゃん・・・。ぐすん・・・。」


香織「・・・。ん?・・・。ちょっとみんな静かに!」


みんな「え?」


立ち尽くして呆然としていた香織だけが聞く事ができたのだ。


何かが呼んでいる声を。


「ぉ~ぃ・・・。」


みんな「河野の声だ!!!」


急いで崖に近寄ると、崖の少し下の方でひっしに短い木の枝にしがみ付いている河野の姿があった。


海保「なんだよ~!生きてんじゃん。」


由記「良かった~・・・。」


緑「おにいちゃん!!」


竹田「うほ、すげー光将。」


香織「やっぱりおにいちゃんの声だ。」


淳史「無事でよかった~。」


感動に浸る彼らが河野の救助を思い出すまで時間がかかったことは言うまでもない。


無事河野を崖から引き上げ、河野は思いも寄らぬ体験をする。


由記「良かった!本当良かった・・・。」


河野に由記が抱きついた事だ。


河野「い、いや、お前こそ・・・その・・・なんだ、無事でよ、よかったよ・・・。うん。」


竹田「ふう~、夜だってのに暑いねぇ。」


香織「残暑が厳しいねぇ。」


緑「本当にねぇ。」


海保「俺らは先に乗ってようぜ。」


淳史「う、うん。そうだね。邪魔しちゃ悪い・・・。」


みんなが消えてもなお由記は河野から離れようとはしなかった。


真っ暗な五合目で2人きりの河野と由記。


河野「ゆ、由記さ、そ、そろそろ行かなきゃじゃ・・・ね?」


テレながらも河野がつぶやく。

由記はゆっくりとうなずく。


そしてゆっくりと河野から離れる由記はこう言ったと後の河野は言い張る。



由記「今度は・・・。今度はきっちり助けてくれないとダメやからね!」



由記はそう言うと車へと戻って行ったという。



こうして淳史捜索大作戦は終了し、彼らはホームである旅館へ戻った。



to be continue (これはフィクションですフィフィフィフィクションでぃ!)

ツンデレ好きはかならず押すように!テストに出るよこれ!
スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

トラックバックURL ▽
http://4545454519191919.blog112.fc2.com/tb.php/129-f6ed3d8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

妄想好きな奴ら

しゅこってるしニュース

トップ画面の記事をリニューアル致しました。 訪問者数が10000人を突破!! 皆様のおかげです!!ありがとうございます。

ブログランキング 小説・文学・ミステリーで 第1位 獲得!               ブログランキング 小説・文学・ホラーで  第1位  獲得!!

妄想賊4人組み

俊洸輝志

Author:俊洸輝志
妄想してますか? 僕たちはエブリディー。 このブログは、妄想の人のための妄想の人による、妄想のための、妄想がいいの。 えー、このブログは僕たん達4人、俊、洸、輝、志が脳内麻薬を分泌し、いい具合にケミストリーしてます。 4人が続けて毎回違う作者が、妄想による小説を書いて まぁ、そんな感じです。

ブログ管理者俊洸【輝】志はコメントが大好きです♪
是非コメントをお願いします!拍手もポチッとお願いします♪

【当サイト著作権を破棄していません。掲載されている全ての無断転載、複製は固く禁じます】

【世紀末編のイラストは全て『kuroichi』様の提供です。『kuroichi』様のblogへもどうぞお越し下さい。】

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

良ければガシコーン

面白ければガシコーン

FC2Blog Ranking

吹いたらガシコーン

リンクどんどんどうぞ!!連絡頂ければどなたでもリンク追加いたします。

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
4226位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
1069位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。