「しゅこってるし!!」 俊洸輝志

妄想してますか?僕たちはエブリディー。このブログは妄想の人のための妄想の人による、妄想のための、妄想がいいの。このブログは4人が脳内麻薬を分泌、いい具合にケミストリーし、毎回違う作者が小説を書きます。   なお、この物語はフィクションであり、実在の人物及び団体とは一切関係ありません

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 第64話 長野~間違い電話で逆ギレ

さすがに田舎である。


悪いが東京、箱根。名古屋、京都と来てしまえば、そうなるだろう。


殺伐とした雰囲気が人のいない都会と比べてしまうと、どうしても自然体に見えてしまう。


それが逆にホームシックにも似た感覚を思い出させてしまい、終始由記は不機嫌だった。



竹田「輝行!もっとラジオが聞きやすい場所を走れよ。」


輝行「どこだよその場所は。いいかげんお前もラジオのチューニング以外の事しろよ。」


緑「軽井沢ってのはわかってるだもんね。」


竹田「それも俺のこのラジオ付き携帯がなければできなかった話だろ?」


緑「そ、そうだね。しかしきょう日良くラジオ付きなんて持ってたね。」


輝行「だな。ていうか、由記どうした?」


緑「ん?ゆっちゃんどうしたの?お腹痛いの?」


竹田「おい由記!お前ピーピーピーなのか?」


由記「ちゃうわ・・・。なんでもないよちょっと疲れただけやし。」


緑「そう・・・軽井沢は今日中にはつけないから・・・韓ちゃん!今日はどの辺までになりそう?」


輝行「慎平!少しは地図みろお前!ったく・・・えっと・・・中央アルプス越えた辺りだから・・・緑自分で見て。」


緑「はいはい。えっと、諏訪湖の辺りまでかな?じゃあ、ゆっちゃん諏訪湖まで寝てな。」


由記「うん・・・ごめんね。ちょっと休むけん・・・。」


竹田「うわっ。俺もねみぃ。輝!俺も寝るけん。」


緑「(殺せとは言いません。どうか悪夢でも見せてあげて下さい神様・・・。)」


輝行「(あっ。あいつ朝立ちしないよな・・・。しーらね。)」



4人を乗せた車はグングン進み、その日のうちに長野県に入り、公言どおり諏訪湖まで着く事ができた。



竹田「んんぅ~あっ!良く寝たっ!」


輝行「がっつり寝やがって。お前もな!緑!」


緑「えへへ。」


輝行「こういう状況でよく俺1人だけで運転さすよな。」


由記「今日はもうここに泊るんやよね?」


竹田「紅屋?ベニヤ?」


輝行「板みたいなのと一緒にすんなよ?ここは諏訪湖近辺でも結構有名なホテル・・・だったらしい。」


緑「だったね・・・。そうと決まれば早速入ろうよ。」



4人はセオリーどおり発電機の有無を調べた。戦力外の竹田を除く3人で発電機を探すのに1時間も掛かってしまった。


無事照明も付ける事ができた4人にまだ楽観できない。


出入り口の把握と退路の確保、そしてバリケードや侵入路の有無の確認など色々やる事がある。


3人が諸々の作業を終え、部屋に戻ってきた。



緑「結構侵入路多かったね。」


輝行「あれで防げるかちょっと疑問だが、一晩だけだから大丈夫だろう。」


由記「おい、竹田。お前なにしとん。」


竹田はみんなに背を向けてベッドの上に座り込んでいた。


緑「手伝いもしないで、ベッドで何してんだか。」


輝行「緑さん、なかなか言いますねぇ。」


由記「ちょっと、ねぇ。なにしてんの?」



由記が強引に竹田の肩を寄せた。


すると竹田はイヤホンを耳に当てており、その時やっと3人の存在に気づいたようだ。


怒っている3人の顔に反して竹田の顔は自然体そのものだった。


イヤホンを外すなり竹田が口を開いた。


竹田「か・・・河野が・・・」


輝行「ん?河野?」


由記「なんでメガネ?」


緑「おにいちゃん?」


竹田の目からは突然、大粒の涙がこぼれだす。


そして彼は続けた。


竹田「うぅ・・・河野が・・・死んば・・・。」



to be continue (only you ~♪ you you ♪)

今更ですがガンガン押してくださって結構ですので。
スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

トラックバックURL ▽
http://4545454519191919.blog112.fc2.com/tb.php/149-1dc29efa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

妄想好きな奴ら

しゅこってるしニュース

トップ画面の記事をリニューアル致しました。 訪問者数が10000人を突破!! 皆様のおかげです!!ありがとうございます。

ブログランキング 小説・文学・ミステリーで 第1位 獲得!               ブログランキング 小説・文学・ホラーで  第1位  獲得!!

妄想賊4人組み

俊洸輝志

Author:俊洸輝志
妄想してますか? 僕たちはエブリディー。 このブログは、妄想の人のための妄想の人による、妄想のための、妄想がいいの。 えー、このブログは僕たん達4人、俊、洸、輝、志が脳内麻薬を分泌し、いい具合にケミストリーしてます。 4人が続けて毎回違う作者が、妄想による小説を書いて まぁ、そんな感じです。

ブログ管理者俊洸【輝】志はコメントが大好きです♪
是非コメントをお願いします!拍手もポチッとお願いします♪

【当サイト著作権を破棄していません。掲載されている全ての無断転載、複製は固く禁じます】

【世紀末編のイラストは全て『kuroichi』様の提供です。『kuroichi』様のblogへもどうぞお越し下さい。】

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

良ければガシコーン

面白ければガシコーン

FC2Blog Ranking

吹いたらガシコーン

リンクどんどんどうぞ!!連絡頂ければどなたでもリンク追加いたします。

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
4226位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
1069位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。