「しゅこってるし!!」 俊洸輝志

妄想してますか?僕たちはエブリディー。このブログは妄想の人のための妄想の人による、妄想のための、妄想がいいの。このブログは4人が脳内麻薬を分泌、いい具合にケミストリーし、毎回違う作者が小説を書きます。   なお、この物語はフィクションであり、実在の人物及び団体とは一切関係ありません

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 第87話 喪失~みんな辛いしトライし

日が傾きかけてきた。



何となく辺りがさっきよりも薄暗く感じてくる。



それが不安を助長し、考えを浅くそして狭く滞らせることにつながる。



この時の淳史・香織も冷静な判断を求められている時に、それが邪魔をしていた。
西門付近




車も何もかも奪われて途方にくれる事になってしまった2人。



淳史は自分のミスだと、責任を感じ落ち込む一方で、香織も責任を感じつつ置かれている状況のマズさに戸惑っていた。



淳史「くそう・・・せめてトランシーバーさえ俺が身に付けていれば!」



淳史はそう言いながら、地面に拳を振りかざし怒りをぶつける。



香織「そんな・・・助けようとしただけのに・・・。」



2人は今まで生き残り達は自分達の仲間であり、助け合って生きていけるはず。



そう思って疑った事など一度もなかったのである。



それが今、完全に2人の信じた気持ちを裏切った行為に怒りと自分への不甲斐なさでいっぱいだった。



香織「あの人達を信じた私達が浅はかだったんだよね・・・。」



香織は少し涙ぐみながらも、真剣な顔で言った。



淳史「みんながみんな、俺達みたいに手を差し伸べる善人って訳じゃないんだろうな・・・。」



香織「こういう状況だもの、本当は略奪や殺しが横行するのも不思議じゃないよね。物を盗まれた位でヘコたれちゃ必死に頑張っているジョバンヌや海ちゃん達に申し訳ないよね。」



香織はそう自分に言い聞かせて、気持ちを保とうとし、淳史もそれに呼応するように、ここからどうやって議事堂に戻るかを考え始めた。



淳史「日暮れまで時間がないのと、議事堂まで徒歩で20分はかかる事と・・・武器も何も持っていない事を考えると・・・。」



香織「もって夕暮れまで1時間位だね・・・徒歩で十分に帰れる時間だよ。」



淳史「そうだね。そう悲観的になる状況でもないな。」



淳史はそう決めると気を取り直し、香織と共に御用地を出る決心をした。



すると2人を止めるかのように、声がした。



「あのぉ・・・。」



振り返るとそこには、女が1人立っていた。



女は見るからにボロボロで、あちこち傷だらけの上に、腕には少し大きな子供を抱いてる。



淳史「なんですか?私達はもうあげられるものはありませんよ。」



淳史が皮肉を込めて毅然と言った。



女「そうですか・・・。」



女はそう言われると子供の顔を見て、頭を下げて会釈するとその場から去っていこうとした。



香織「ちょ、ちょっと待って!」



止めようとする香織に淳史は驚く。



淳史「待ってよ香織・・・。さっきの事もう忘れたの?」



香織の言葉に振り返る女に目をやりながら、淳史は香織に言い寄った。



淳史「どうせ助けてあげても裏切られるなら、助けてあげることないよ!」



香織「うん・・・でも・・・私達まで悪人みたいな事しなくてもいいと思うの・・・。例え、裏切られても私達がやってきた事に間違いはなかったと思う。」



淳史が何かを言う前に香織は女の元へ駆けていった。


香織「ごめんなさい・・・私達と一緒に安全な場所に行きませんか?」



女「いいんですか・・・?」



女は香織の後ろにいる淳史にチラリと目をやると申し訳なさそうに言った。



女「一緒にいる方が嫌ならいいんですよ・・・私達は慣れてますから・・・。」



香織「大丈夫!いいからついてきなよ!」



淳史「まぁ・・・もう失う物もないし・・・俺らは俺らだよね!生き方変えちゃだめだ!いこう!」



淳史はそう言うと女と香織と歩き出した。



to be continue (ハムうまい・・・)

よろしく!はい、よろしく!
スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

トラックバックURL ▽
http://4545454519191919.blog112.fc2.com/tb.php/173-2dd546eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

妄想好きな奴ら

しゅこってるしニュース

トップ画面の記事をリニューアル致しました。 訪問者数が10000人を突破!! 皆様のおかげです!!ありがとうございます。

ブログランキング 小説・文学・ミステリーで 第1位 獲得!               ブログランキング 小説・文学・ホラーで  第1位  獲得!!

妄想賊4人組み

俊洸輝志

Author:俊洸輝志
妄想してますか? 僕たちはエブリディー。 このブログは、妄想の人のための妄想の人による、妄想のための、妄想がいいの。 えー、このブログは僕たん達4人、俊、洸、輝、志が脳内麻薬を分泌し、いい具合にケミストリーしてます。 4人が続けて毎回違う作者が、妄想による小説を書いて まぁ、そんな感じです。

ブログ管理者俊洸【輝】志はコメントが大好きです♪
是非コメントをお願いします!拍手もポチッとお願いします♪

【当サイト著作権を破棄していません。掲載されている全ての無断転載、複製は固く禁じます】

【世紀末編のイラストは全て『kuroichi』様の提供です。『kuroichi』様のblogへもどうぞお越し下さい。】

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

良ければガシコーン

面白ければガシコーン

FC2Blog Ranking

吹いたらガシコーン

リンクどんどんどうぞ!!連絡頂ければどなたでもリンク追加いたします。

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
3011位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
729位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。