「しゅこってるし!!」 俊洸輝志

妄想してますか?僕たちはエブリディー。このブログは妄想の人のための妄想の人による、妄想のための、妄想がいいの。このブログは4人が脳内麻薬を分泌、いい具合にケミストリーし、毎回違う作者が小説を書きます。   なお、この物語はフィクションであり、実在の人物及び団体とは一切関係ありません

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 第92話 焦燥~とりあえず一発!

廊下から聞こえる悲鳴にも歓声にも似た声。



そんな不思議な声に洸介は驚いた。



それでも、そ知らぬ顔で付いて来るカイちゃんに少し安心し、研究室のドアを開く。



そこには・・・。
「バ、バカ!こんなことではしゃぐんじゃないの!」




「で、でも~!」「久しぶりだったもので・・・あはは」「いいな~!次は俺!俺!」




洸介「な、なにやってるんですか・・・?」




鈴木英「あははは~あ、洸介君もどうだい?」




洸介「いや、どうだいって・・・なにやってるんですか?ついさっきまでは皆さん一生懸命にやってたのに。」




佐藤栄「君ねぇ、俺らにだって生き抜きは必要なんだよ?」




洸介「息抜きったって、いきなりこれはビックリしますよ。」



すると、洸介の後ろから肩を叩く2人




鈴木啓・佐藤桜「まぁまぁ・・・。とりあえずさ!」




「ツイスターやろうぜ!!」




洸介「ええええ~。」




あかり「ほらほら、洸介君も溜まってるんでしょ。ほうら、次おやんなさいな。」




佐藤桜「次は俺ですよ!俺!」




洸介「分かりましたよ。それっ。」





「クルクルクル~」




ツイスターのルーレットが回る。




佐藤桜「ああ~!いっちゃん(一番)いいとこやん!」




あかり「こ、こら・・・そんなトコに足を回したら・・・」



洸介「すいません・・・。」




鈴木啓・佐藤桜「ふんぬー!!くそ~後から来たくせにぃ~!」




ツイスターはこうして、ずっと洸介のターンのまま小一時間ほど続いた。




あかり「はぁはぁ・・・なかなか良かったわね。」




洸介「そうですね・・・はぁはぁ。何かインスピレーションが湧いたような気がします。」




鈴木啓・佐藤桜「・・・はいはい・・・ところでさっきっから、君と同じようにあかりさんの足に纏わりついているネコはなんだい?」



「ゴロゴロ~ニャ~。」



洸介「あ!いけね。すいません、こいつは実は・・・。」




洸介はカイちゃんとの出会いから今までの脇役ぶりを話す。




鈴木啓・佐藤桜「へぇ~日本にもまだネコがいたんだな。」




鈴木英「動物の類はほとんど見かけなくなってるからね。」




鈴木啓「ところで、そのネコ。まるで感染しているようには見えないけど・・・大丈夫なの?」




洸介「さっき話したとおり、僕にもそれは分からないんです。でもここで検査できればなと思ってはいて、まさかココまで付いて来るとは・・・。」




鈴木啓「危険かどうかはさておき、感染しているとしたら、この上ない実験材料になるな・・・。ねぇ、あかりさん。」




あかり「そうね・・・。ここに来て研究にも壁が見え初めて来た所だし、これまでのデータをこの子で検証してもいいかもしれないわね。」




こうして、カイちゃんを使った研究が始まった。




鈴木英「カイ君には特に身体的外傷は見受けられませんでした。」




佐藤桜「となると、感染していないか、空気感染かですかね。」




佐藤栄「しかし、空気感染でゾンビ化させるとなると遺伝子の解析か、解剖してみるか・・・。」




鈴木啓「解剖するにしても、検体が1つってのがな。比較対象がいないってのが難儀だよ。それに俺らは医者でもなければ獣医でもない。」




鈴木英「一般的なネコの特徴ならデータベースにあるだろ。解剖自体もそれほど難しいものじゃないと思うぞ。」





あかり「あなたたちね・・・その前にこの子の所有者である洸介君やそのお友達の許可を得ようとは思わないの?」




鈴木啓「そうでしたね。すいません、少し舞い上がってて・・・。」




洸介「あ、全然オッケーですよ。ただ、あいつ等が何ていうか・・・でも研究のためです。納得せざるを得ないでしょう。」



あかり「そう・・・私も本当は動物実験なんてしたくないのだけれど・・・今はかなり行き詰っているし・・・この子に託しましょう。」




それからと言うものの、あかり達の研究チームは不眠不休でこの一匹のネコから取り出せるだけの情報を得ようと奮起した。




そして、研究開始から3日目の朝。





洸介「はぁ・・・鈴木啓さん、構造解析はどおですか?」




鈴木啓「うぅ・・・うぅぅ・・・」




佐藤栄「おい栄太。構造解析終わったのか?寝てんのか?」




鈴木啓「うぅぅぅ・・・うぅううおおおお!!」




あかり「どうしたの!?」




洸介「まさか・・・!」




to be continue (久々にどうだい?)



スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

トラックバックURL ▽
http://4545454519191919.blog112.fc2.com/tb.php/182-8f53d80f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

妄想好きな奴ら

しゅこってるしニュース

トップ画面の記事をリニューアル致しました。 訪問者数が10000人を突破!! 皆様のおかげです!!ありがとうございます。

ブログランキング 小説・文学・ミステリーで 第1位 獲得!               ブログランキング 小説・文学・ホラーで  第1位  獲得!!

妄想賊4人組み

俊洸輝志

Author:俊洸輝志
妄想してますか? 僕たちはエブリディー。 このブログは、妄想の人のための妄想の人による、妄想のための、妄想がいいの。 えー、このブログは僕たん達4人、俊、洸、輝、志が脳内麻薬を分泌し、いい具合にケミストリーしてます。 4人が続けて毎回違う作者が、妄想による小説を書いて まぁ、そんな感じです。

ブログ管理者俊洸【輝】志はコメントが大好きです♪
是非コメントをお願いします!拍手もポチッとお願いします♪

【当サイト著作権を破棄していません。掲載されている全ての無断転載、複製は固く禁じます】

【世紀末編のイラストは全て『kuroichi』様の提供です。『kuroichi』様のblogへもどうぞお越し下さい。】

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

良ければガシコーン

面白ければガシコーン

FC2Blog Ranking

吹いたらガシコーン

リンクどんどんどうぞ!!連絡頂ければどなたでもリンク追加いたします。

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
4580位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
1168位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。