「しゅこってるし!!」 俊洸輝志

妄想してますか?僕たちはエブリディー。このブログは妄想の人のための妄想の人による、妄想のための、妄想がいいの。このブログは4人が脳内麻薬を分泌、いい具合にケミストリーし、毎回違う作者が小説を書きます。   なお、この物語はフィクションであり、実在の人物及び団体とは一切関係ありません

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 【9人の大学生 part1】

立地、微妙


日当たり、微妙


築年数、最低


広さ、ヤバイ


全てが微妙・最低なこの場所


でも、俺達9人の塩辛い大学生活は


そこから始まる
西日がまったく差さない



なのに、この重厚な鉄壁のカーテン



エアコン・空調の機能はないに等しい



そんな独房よりも厳しい環境で5人の男女が集まっていた。




「うーん・・・。」



「じゃあ、新キャンは鎌倉って事で。」



凛々しい顔立ちの男がこの集団のリーダー川上淳史(4年)だ。利発そうだが意外と抜けてるラーメン大好き上級生。




「えー!!なんで!?」



リーダーに真っ先にたてつくこいつは小川香織(2年)で、上下関係など知らん顔で色々知ってるマルチ超人だ。



「俺は北海道がいいわ。」



何食わぬ顔で自分の意見をねじ込もうとする奴、こいつは韓輝行(2年)、優しいヤクザ顔。



「俺は金ないから、学内一泊二日でいいと思う。」



とりあえず無理だけど言ってみたと言わんばかりの男は荒井洸介(2年)。こいつは万年金欠で、毛深いんだ。



「ないない。洸介黙ってろ。とにかく俺らじゃ決定だせないでしょ。」



妙に仕切るこの男。仕切りたがりだが、決断はできない男。河野光将(2年)。メガネをかけてるよ。



淳史「そうだけどさ、集まったのこの5人だけだろ。俺らで決めないと。」



輝行「俺らという暇人の中で、誰が最も暇人かっていう決定ならできるんだけどね~。」



河野「チャカスなよ輝。」



洸介「そら、お前だろ韓。」



輝行「バイトばっかやってるお前さんじゃないかい?」



香織「いいからさ、あたし暇じゃないんだから決める事ないなら帰るよ。」



淳史「まだ会議は終わってないんだって。キャンプの場所はみんなが集まった時に決めるとして・・・」



輝行「誰が一番暇人・・・・うっ。」



河野がすかさず口を抑える。



河野「他は何か決める事あるんすか?」



淳史「うん。今年の我サークルメイン活動を決めようかと。」



みんな「おお!!ついにですか!!」



香織「それを先に言ってよね。」



洸介「待ってましたぁ!」



河野「あの興奮をもう一度楽しめるのか!」



輝行「それさえ知ってれば他の奴らもきっと集まったに。」



淳史「ビックリさせようと思ってね~。」



香織「それで、今年のテーマは何なの?」



河野「たしか去年は・・・【熱ッ】だっけか。」



洸介「あれには痺れたねぇ。」



輝行「だねぇ~あれのせいでこのサークルに入っちゃったんだもんな。」



香織「ひと時の盛り上がりって恐ろしいものよね。」



淳史「それでテー・・・」



淳史が言いかけたのと同じタイミングで部屋のドアが開いた。



「ちーっす!」



「おお、海保!」



この男は海保仁志(2年)。掛け持ちでボディビル啓蒙研究会の主将もやっている。あだ名は「黒いダイヤ」とも「黒い奇跡」とも呼ばれている。



海保「いや~昨今の若いもんは筋肉がなってねーよ。んで、急遽こっちに来れる時間ができたんで。」



淳史「いいとこにきたな。丁度今、今年の活動内容について話してたんだ。」



海保「おお!今年も【熱ッ】ですか!?」



香織「とりあえず、上着でもなんでもいいから服きろよ。」



洸介「それ正解だわ。俺らはもやしっこなんだぞ。そんな上物見せ付けてくれるな。」



河野「いいから、海保もすわんなよ。」



海保「おっ、サンキュー・・・えい!」



海保は座るときでも、ボージングを決めないと座れないのだ。



輝行「キレてますっ!大きいっ!」



河野「輝?わかるな?これ以上やったら・・・」



無言になる輝行だが海保とのアイコンタクトは欠かさない。



淳史「ゴホン・・・では今年のテーマを発表する・・・。今年のテーマは・・・」



みんなの心の中でドラムロールが鳴り響いている事は言うまでもない。



そんな時に限ってまた誰かが来るか、誰かが何か言うというオチも言うまでもない。



「あっ!ちょっとタンマ!!」



河野「何よ?」



洸介「もう筋肉ネタと暇人ナンバーワン系は使えないぞ?」



香織「チッ・・・」



輝行「えー舌打ち聞こえたよう・・・でもさ、でもさ。」



海保「ふん、ふん、で?」



輝行「竹田先輩がいないけど・・・発表しちゃっていいの?」



「あっ!」



淳史を除く全員がその存在に気がついた。



竹田慎平(4年)。謎に包まれたこの男は当サークルではゴッドと自称しており、淳史を抜いて最上級の存在という事になっている。ちなみに4年だが年はみんなより3,4つ上な事は内緒だ。



香織「あの人苦手ぇ~。」



洸介「俺もだわ・・・なんていうかね?」



河野「まぁ独裁だからな。でも輝は仲いいよな?」



輝行「んまぁ~なんというかね?」



海保「んで、ゴッド様はどこにおわすの?」



淳史「うん、それも追々話そうと思ってたんだけど・・・」



この人が話すタイミングは恐ろしいものがある。



当然、言う前に何かあります。



彼がそう言い掛けた、時。



「ガチャ~ち~っ。」



「バン!!」



ドアが開きかけたその時。



河野が猛烈なドアストッパーとして自らの足でドアが開くのを止めた。



河野「もういいから!早く先言って!終わんないって!」



淳史「おっけ!!」



輝行「河野!足外すなよ!」



洸介「俺ももやしながら協力するぜ!」



海保「この逞しい上腕ニ等筋でよければ、お手伝いしよう。」



香織「早く言え!このメガネ!」



河野「え?」



淳史「竹田先輩は行方不明で、今年のテーマは【夏】です!!」



言い終わった所でドアを見ると、もうそこには誰もいなかった。



猛烈にドアを押さえていた河野だけが、誰がそこにいたかを知っていた。



輝行「誰がいたん?」



洸介「どうせ、隣の囲碁将棋部だろ?五月蝿くて詰め将棋ができないとか。」



香織「わかんないよ?正面のネイル研究会のギャル共かも。ネイルが乾かなくてズボン下ろせないとか。」



海保「いやいや、上腕筋に魅了された子羊っていう線も否めないぞ。」



淳史「誰が居たの?」



河野「由記と緑・・・。」



由記と緑(共に2年)


仲良し2人組みの女で、自称彼氏なし。当サークルではややレアキャラ。唯一1年の時の活動を見ずして入ったメンバー。



輝行「あいたた・・・。」



河野「どうしよ・・・。」



洸介「後で謝りにいこうぜ・・・。」



香織「サークル内に彼女もちは苦労が絶えませんなあ。」



輝行「それも部員数9人という少数サークルでっていう。」



海保「心も鍛えられるんだぜ?」



淳史「てかさ、お前らテーマとか竹田の話はもうどうでもいいのか?」



「あっ!」




【スプンオフ第3弾 9人の大学生 part2】へ続く。

スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

トラックバックURL ▽
http://4545454519191919.blog112.fc2.com/tb.php/192-7c7fdf06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

妄想好きな奴ら

しゅこってるしニュース

トップ画面の記事をリニューアル致しました。 訪問者数が10000人を突破!! 皆様のおかげです!!ありがとうございます。

ブログランキング 小説・文学・ミステリーで 第1位 獲得!               ブログランキング 小説・文学・ホラーで  第1位  獲得!!

妄想賊4人組み

俊洸輝志

Author:俊洸輝志
妄想してますか? 僕たちはエブリディー。 このブログは、妄想の人のための妄想の人による、妄想のための、妄想がいいの。 えー、このブログは僕たん達4人、俊、洸、輝、志が脳内麻薬を分泌し、いい具合にケミストリーしてます。 4人が続けて毎回違う作者が、妄想による小説を書いて まぁ、そんな感じです。

ブログ管理者俊洸【輝】志はコメントが大好きです♪
是非コメントをお願いします!拍手もポチッとお願いします♪

【当サイト著作権を破棄していません。掲載されている全ての無断転載、複製は固く禁じます】

【世紀末編のイラストは全て『kuroichi』様の提供です。『kuroichi』様のblogへもどうぞお越し下さい。】

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

良ければガシコーン

面白ければガシコーン

FC2Blog Ranking

吹いたらガシコーン

リンクどんどんどうぞ!!連絡頂ければどなたでもリンク追加いたします。

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
4001位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
998位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。