「しゅこってるし!!」 俊洸輝志

妄想してますか?僕たちはエブリディー。このブログは妄想の人のための妄想の人による、妄想のための、妄想がいいの。このブログは4人が脳内麻薬を分泌、いい具合にケミストリーし、毎回違う作者が小説を書きます。   なお、この物語はフィクションであり、実在の人物及び団体とは一切関係ありません

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 第9話 リーダー~下ネタは23時から

三人寄れば文殊(もんじゅ)の知恵


凡人でも三人集まれば素晴しい知恵が出てくる、という




香織が洸介か輝行を迎えによこすと言ってからしばらく経った


不安な状況ではあるが、また長く一緒にいれると思うと少し心が躍った2人は

さっきまでの恐怖心とはうってかわって軽いピクニック気分であった。


その時

「ぷるるる~♪」


突然、由記の携帯に着信ベルが鳴った。

由記が携帯を見ると登録されていない番号からの電話だった。

由記「えー・・・。誰からやろ・・・。怖いしシカトしとこ。」

それでもなり続ける着信ベルに少し恐怖を抱き始めた由記に

緑「ゆっちゃん、でない方がいいよ・・・。こんな状況だし・・・。」

由記「緑! 電話出ろっ。」


そういうと日焼けのない真っ白な少し太い腕を出し強引に緑の耳元に謎の電話を近づける。



「もしもし?由記?俺だよ、洸介。緑の電話通じないんだけど、緑いる?」


緑「洸介? 由記ちゃん!洸介だよこの電話!」

由記「あ?ったく・・・。なんだよ洸介か。気持ち悪いわ、なんだって?」

洸介「あれ?緑?緑いるんじゃん。電話通じなかったけど、家どこ?」


緑の携帯電話は気がつかぬうちに電池切れになっていた。



数分後、洸介と輝行が到着した。なるべく単独行動は控えた方が良いという事で2人揃って迎えにきたようだ。

輝行「ここは日中でも木が多いし、なんか怖いな・・・。」

洸介「夜中に変態とかいそうだな。」

由記「お前だろ。」

緑「香織から話は聞いたけど、一体どうなってるの?」

輝行「まぁ話は車に乗ってからでも。」

由記「ていうか、メガネ事故ったの?」

輝行「まぁ今は裸眼だからメガネじゃないが、傷は浅いし香織が今介抱してる。とりあえず香織んちに行こう。」

洸介「着くまで緑は香織の、俺は自分の携帯で電話掛けまくるわ。そうだ、由記も知り合いに掛けまくってくれよ。」



全員終始電話を掛け続けるという異様な車内に正直耐え切れなくなった輝行は、途中都内のコンビニに立ち寄りトイレ休憩を希望する。

洸介「誰も出ないな・・・。由記は?」

由記「出ないね・・・。緑は?」

緑「私もさっぱり・・・。あれ韓ちゃんは?」


するとコンビニに中から

輝行「出た出た!!」

緑「だれだれ?」

輝行「あ、いや、うんちが・・・。」

由記「アホや。」

洸介「お前さー今の状況分ってる?あんた、そういうのいらないよう。」


緑「あ!電話出た出た!!」

由記「だれだれ!?」


すると緑は携帯の画面をみんなに向けて見せてきた。


洸介・輝行「あっちゃん!!」


由記「え?あつし?」

緑「もしもし?淳史?」

淳史「もしもし?緑?無事だったんだね?」

洸介・輝行「あっちゃ~ん!!」

淳史「輝と洸介もいるみたいだね、良かった。今どこにいるの?」

緑「由記ちゃんもいるよ。今ね、みんなで香織の家に向かっているところなの。淳史は?」

淳史「俺は1人だよ。街がいつもと変だから色々情報収集してたんだけど、皆が無事でよかった。」

輝行「緑、電話代わって。 ・・・。 あっちゃんも一緒に香織んちに行こうよ。」

淳史「そうだね。固まって動いた方が良さそう。今大学だから、香織んちは大野だよね?直ぐ行くよ。」


川上淳史(29)

神奈川県生まれ、神奈川育ち。元副会長。 現在洸介と同じ某大学の生協勤務。

洸介「あっちゃんも無事だったんだね。これはまだ無事な人いるっぽいな。どんどん電話しよう。」


かすかな希望を見出しつつあった皆だった。

しかしその後の電話も虚しく新たに無事な人も見つける事はできないまま、大野に着いた。

そこには、少し元気を取り戻した河野、香織、そして精悍な顔立ちの淳史が立っていた。


河野・香織・輝行・洸介・緑・由記・淳史


非日常ではあったが、集まった皆はそこに安心感と懐かしさを感じ始めていた。


一向は無事香織の家に集まる事ができた。

淳史が次に何をすべきかを話し合おうと言い出す その瞬間。


「ぷるるる~♪」







to be continue(芝生養育中、この中に入らないで下さい。)

よろしければポチッと応援 宜しくお願いしますm(_ _"m)
スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

トラックバックURL ▽
http://4545454519191919.blog112.fc2.com/tb.php/78-628a66b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

妄想好きな奴ら

しゅこってるしニュース

トップ画面の記事をリニューアル致しました。 訪問者数が10000人を突破!! 皆様のおかげです!!ありがとうございます。

ブログランキング 小説・文学・ミステリーで 第1位 獲得!               ブログランキング 小説・文学・ホラーで  第1位  獲得!!

妄想賊4人組み

俊洸輝志

Author:俊洸輝志
妄想してますか? 僕たちはエブリディー。 このブログは、妄想の人のための妄想の人による、妄想のための、妄想がいいの。 えー、このブログは僕たん達4人、俊、洸、輝、志が脳内麻薬を分泌し、いい具合にケミストリーしてます。 4人が続けて毎回違う作者が、妄想による小説を書いて まぁ、そんな感じです。

ブログ管理者俊洸【輝】志はコメントが大好きです♪
是非コメントをお願いします!拍手もポチッとお願いします♪

【当サイト著作権を破棄していません。掲載されている全ての無断転載、複製は固く禁じます】

【世紀末編のイラストは全て『kuroichi』様の提供です。『kuroichi』様のblogへもどうぞお越し下さい。】

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

良ければガシコーン

面白ければガシコーン

FC2Blog Ranking

吹いたらガシコーン

リンクどんどんどうぞ!!連絡頂ければどなたでもリンク追加いたします。

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
4001位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
998位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。